税理士に起業について相談する時は

株式会社でも合同会社でも、起業をすれば役所とは切っても切れない関係になります。
「役所」と言葉を聞くだけでうんざりするものですが、中でも特にうんざりするのが税務署との付き合いです。
そこで頼りになるのが、税理士です。
税理士に相談すれば面倒な税務署とのおつきあいも、スムーズに進むでしょう。
しかし税理士に相談する時、何をどうやって相談すれば良いのかも意外と悩むものです。
ではどうやって相談すれば良いのでしょうか。

会社設立に行うべきことは、沢山あります。
まずは事業計画です。
事業計画は会社の命運を握ると言っても過言ではなく、しっかり綿密に計画を立てる必要があります。
しかし自身では「完璧」と思っている計画でも、詰めはどうしても甘くなるものです。
でも税理士に頼めば、何処がどう甘くなっているのかを的確に指摘してくれます。
アドバイスも貰えるので、利用しない手はありません。
事業計画の他に会社形態や会社設立にかんすることも、相談に乗ってくれます。
また税理士はお金に関するプロフェッショナルなので、資金や補助金・助成金についても相談に応じてくれます。

相談内容が決まれば、良い税理士探しの開始です。
良い税理士とは何かと問われると、答えに詰まってしまいます。
優しい税理士に相談するのが1番ですが、間違いを指摘せずにそのまま放置する人となると困りものです。
逆に間違いを厳しく指摘する税理士だとしても、気軽に相談できないのも考えものです。
優しくとも厳しくとも、それぞれに相性があります。
なるべく相性の良い税理士に、相談するようにして下さい。

また手がけようとしている業界に、詳しい税理士もおすすめです。
税理士は確かに会社設立のプロフェッショナルではあるものの、全ての業種をカバーしている訳ではありません。
業種によっては、会社設立の手続方法も変わります。
だからこそ、業界に詳しい税理士に相談するようにしましょう。

税理士に相談する時は、何について相談するのかをハッキリ考えることです。
どんなに腕利きの税理士に相談を持ちかけても、何について相談したいのかが分からなければ、腕利き税理士もお手上げです。