不動産関連の遺言書

会社設立01

遺言書では遺産となる特定の財産を指定し、それを誰かに譲る旨を記載しますよね。
それだけなら簡単そうですが、自分が持っている不動産を遺言書にまとめるときには注意したいポイントがあります。

自分が誰かに譲ろうとしているその不動産を遺言書に記載するときは登記簿に書かれている通りに記載します。
この内容を暗記している方はあまりおられないでしょうから、不動産関連の遺言書を作成するときは登記簿の内容がわかる資料を手元に用意し、それを見ながら丁寧に書き写すという対応が必要です。
登記の内容がわかる書類が手元にない場合は一度法務局まで問い合わせ、登記簿謄本を取り寄せてから遺言書を作成する流れとなるでしょう。

この点を特によく確認しておきたいのは自筆証書遺言・秘密証書遺言を作りたい方です。
自筆証書遺言とは被相続人が自分の手で作成し、保管も任意にやっていた遺言書のことです。
遺言書というと世間的にこのようなイメージが強いかもしれません。
しかしこの遺言書は第三者のチェックが入らないため不備も出やすい遺言書です。
不動産を記載するときも書き方を個人的によく確認することが大事です。

秘密証書遺言を作成するときもこの点は変わりません。
こちらは被相続人の手で作られた遺言書の存在だけを公証役場に伝えておき、その中身や保管場所は秘密にしておくタイプの遺言書です。
第三者が中身をチェックしないためやはり不備が出やすいタイプの遺言書ですから、不動産について記載したいときは書き方をよく確認しておきましょう。

中身を公証人が確認する公正証書遺言の場合はこのような不備を指摘されるため、書き方がよくわかっていなくても最終的には不備の少ない遺言書を作れます。
ただ、書き方を確認せずに作って内容のチェックをしてもらうと何度もやり直しになることも多いため、やはり不動産の書き方については確認の上で作成するといいでしょう。

不動産関連の遺言書はこのように作るときに注意が必要なのですが、すでに故人が作った遺言書の中に不動産に関する記載があり、しかもそれが不備のあるものだった場合はどうなるのでしょうか?
このときはその不動産に関する部分は無効となることが多いです。

無効となったその不動産の相続については遺族で遺産分割協議を行い、その内容によって最終的に誰が相続するのかを決めます。
このようなことにならないように不動産関連の遺言書を作るときは必ず作り方を確認し、不備のないように作るといいでしょう。
書き方に自信がないときは公正証書遺言を作るといいです。