会社設立を税理士に依頼する費用は?

会社設立

仙台で会社設立を検討する方にとって、会社設立にどの程度の費用がかかるのか、会社設立はどの専門家に相談すれば良いのか、専門家に依頼すると費用はどのくらいなのかなど、様々な疑問や悩みが生じます。
書類準備や届出などの手続きの手間はかかりますが、自分で会社設立することは可能で、その時の大まかな費用相場は、株式会社と合同会社の設立で異なるのです。
株式会社の場合は作成した定款を公証人役場で定款認証する必要があるので、定款認証手数料が必要になりますが、合同会社を設立する時には認証が必要ないので定款認証手数料は発生しません。
会社・法人の登記事項証明書及び登記簿の謄本を交付するために必要な謄本交付手数料が必要で、1通あたり250円になるので約2000円程度かかるのです。
会社登記や登録で課税される税金の登録免許税も必要な費用で、株式会社の場合は資本金額の0.7%になりますが、この額が15万円に満たない場合は15万円になります。
合同会社の場合も同じく資本金額の0.7%ですが、この額が6万円に満たない場合は6万円になるのです。
ですから会社設立費用の合計は、株式会社なら約24万円程度で合同会社なら約10万円程度になって、仙台で会社設立するのなら合同会社の方が費用を抑えられます。

ただ、先にも触れましたが書類準備や届出などの手続きで手間がかかるので、会社設立手続きを税理士などの専門家に依頼することもおすすめです。
しかし、仙台で税理士に会社設立の依頼をする際の費用も気になる点ですし、税理士に依頼するメリットがあるのかも気になる点になります。
様々なメリットがあるのですが、そのひとつが定款認証の手続きをデータでする電子認証にすることで、定款認証で必要となる印紙代の4万円が不要になるのです。
もちろん電子認証は個人でも行うことが可能ですが、事前の手続きやその費用を考えると自身で行うのは現実的ではありません。
ただ、会社設立の手続きで会社設立登記が必要になるのですが、これは司法書士にしかできない手続きなので、税理士に会社設立手続きを依頼した時には司法書士手数料が発生することもあります。
しかし会社設立後の税務顧問契約を依頼時に実施することで、会社設立手続きに関する費用を大幅に下げてくれることもあるのです。
依頼する税理士にもよりますが、自力で手続きを行う場合と同様の費用で手続きを行なってくれる場合がありますし、トータルで費用を抑えられることもあります。
ですから、仙台で会社設立後も税理士に決算申告などの業務依頼を検討している方は、税理士に依頼することを検討するのもひとつの選択肢です。