会社設立は税理士がお得

会社設立を税理士を頼めば、滞りなく会社を立てることはできます。
しかしプロに頼むことになるので、費用はかかるのではと不安に感じていないでしょうか。
そこで1人で会社設立する場合と、税理士を頼る場合を比較してみました。

株式会社を設立する場合、登録免許税15万円・定款認証手数料5万2000円・定款認証印紙代4万円の合計24万2000円かかります。
定款認証印紙代は、公証役場で認証してもらう時にはりつける印紙代のことです。
定款認証手数料は、定款認証にかかる料金で5万円します。
また謄本の交付も義務付けられているので、2000円前後かかります。

では税理士に株式会社を設立した場合、幾らかかるのでしょうか。
税理士の場合は登記申請ができないので、別口で司法書士に任せることになります。
報酬額は税理士・司法書士によって変わるものの、5万円前後と見て良いでしょう。
登録免許税と定款印象手数料は、それぞれに15万円・5万2000円とかかります。
合計すると30万円ちかくかかります。
税理士に会社設立をすると余計にお金がかかるのなら、自分で会社設立の手続きをした方がお買い得と思われるかもしれません。
でも税理士に税務顧問を同時に依頼すれば、安く抑えることはできます。
上手く利用すれば税理士や司法書士に頼んだとしても、20万円強で済みます。

そもそも税理士の本来の仕事は、月々の帳簿作成や確定申告・決算申告になります。
会社設立は、謂わば「アルバイト」のようなものです。
税理士にもよりますが、「顧問契約を結べば会社設立費用を無料で承ります」と言っている方もいらっしゃいます。
無料と言うほどではないものの、相場よりも激安で会社設立を承る税理士もいます。
会社設立後には、税務に関する仕事が山のように出て来ます。
ご自身でもできなくはないものの、かなり難しいです。
税務に関しては、税理士に頼んだ方が確実です。
会社設立を税理士に頼むのならば、顧問契約も考えてみることをおすすめします。