会社設立に頼りになる税理士

会社設立に関しては、おそらく大半が「生まれて初めて」のことかと思います。
会社設立に関する書籍やサイトで勉強してある程度知識を身に着けていても、何を何処から手を付ければ良いのか迷っている方も多いでしょう。
会社設立の悩みは人それぞれですが、中でも多い悩みがお金に関することです。
資本金の準備・経理・税務申告は、言葉を聞くだけでも頭が痛くなります。
そこで頼りになるのが、税理士です。

税理士の仕事は、個人や企業が支払う税金全般をサポートします。
日本には数多くの税金の種類があり、例えどんな事情があっても必ず納めなければいけません。
ただ税金システムは非常に複雑で、単にお金を払えばそれで済む話ではないのです。
もちろん税金は個人だけでなく、会社にもかかります。
税金の支払いに時間を取られ、本業がおろそかになっては埒が明きません。

また税理士は、税務だけでなく会社経営のサポートも行っています。
企業は税理士と顧問契約を結ぶことにより、税務処理や経営のアドバイスを行います。
会社経営が上手くいくかどうかは、税理士にかかっていると言っても過言ではありません。
税理士は帳簿や売上をチェックし、事業の拡大を促します。
早い話が会社の健康診断です。
月に1回会社の状態を見て、悪い所がないかどうかを見定めます。
もし悪い所があれば、きっちり直すように指導するという訳です。

ただ税金や経理・経営に関しては、税理士はプロ中のプロです。
味方につければ、大きな力となってくれるでしょう。
でも先程述べた話は、会社設立の後が大前提になります。
今味方に欲しいのは、会社設立そのものをサポートしてくれるプロです。
会社設立前に限って言えば、税理士は必要がないと思われるかもしれません。
確かに極論を行ってしまうと、会社設立に税理士は必要ありません。
しっかり会社法について勉強していれば、税理士はもちろん司法書士や行政書士の力も借りる必要はありません。
正直な所、それこそお金の無駄になります。

そもそも何故、会社設立を決心したのでしょうか。
会社設立を決めた理由は人ぞれと言われれば、それまでです。
ただ単純に「自分の好きな仕事をしたいから」「利益を出して儲けたいから」という理由ならば、会社にする必要はありません。
会社設立は非常に面倒で、手間と時間がかかります。
会社を設立するには、法務局へ登記申請を行う必要があります。
しかし登記申請に必要な書類は数多く、すぐに準備できるものではないのです。
しかも書類に少しでもミスが出てしまうと、登記申請が下りなくなる恐れもあります。
また無事に書類を揃えて登記申請が下りたとしても、手続きが完全に終わった訳ではありません。
法務局への届出が終われば、保険・税金の届出も必要になります。
事業内容によっては、許認可申請も取らなければいけません。

でも会社設立をすべきかどうかまだ悩んでいる状態であっても、税理士ならば的確に判断してくれます。
税理士のメインとなる仕事は税務に関することですが、会社設立のサポートも行っています。
ただ税理士が何もかも手がけるのは難しいので、何もかも全てカバーしている訳ではありません。
状況に応じて、提携している司法書士に仕事を回すこともあります。
ただ税理士事務所によっては、融資獲得や業績管理を手がけている所もあります。
オフィス探しも手伝ってくれる事務所もあり、正に至れり尽くせりのサービスを施してくれます。
東京の会社設立のおすすめはベンチャーサポート税理士法人です。

ちなみに価格は税理士にもよりますが、0円で会社設立を承ってくれる所があります。
ただし0円で利用するには、会社設立後に顧問契約を結ぶことが条件です。
不利な条件に思われるかもしれませんが、どのみち会社経営をするのならば税理士の存在は必要不可欠です。
税務との関わりが今以上に増えるので、検討してみる価値はあります。

会社は設立したらゴールではなく、設立した後が本当の意味でのスタートになります。
今は景気が良くなってきているとは言え、まだまだ厳しいのが現実です。
会社設立をして10年後も経営ができている会社は、全体的にほんの数%しかありません。
必ず経営が上手くいく保証は、どこにもないのです。
そこで税理士と顧問契約を結び、会社の経営状態を逐一チェックしてもらいます。
勘違いして頂きたくないのは、税理士本人が会社を立て直す訳ではありません。
あくまでも悪い所を見つけて、直すように指示するだけです。
会社を立て直すのは、経営者であるご自身にあります。

税理士は会社設立の前はもちろん、後でも頼りになる存在です。
会社を立てて事業を始めたいと、少しでも思っているのならば税理士に相談だけでもしてみるべきです。
期待通りの答えが返ってくるかどうかは、正直な所分かりません。
もしかしたら期待はずれの返事が来ることも、十分に考えられます。
でも的確な答えが出るのは、紛れもない事実です。
的確な答えを知りたいのならば、税理士に相談してみてはいかがでしょうか。

簡単にできる合同会社とは