合同会社って何?怪しい?

会社設立

・合同会社は怪しい!?
会社形態のひとつに合同会社というものがあるのですが、これは「怪しい」と誤解している人がいます。
そこで今回は、合同会社とはどういった会社形態なのか?について詳しく説明したいと思います。

・合同会社の特徴
合同会社とは、出資者と経営者が同一になる有限責任会社のことです。
一般的な株式会社は、出資者と経営者は別々にすることができるのですが、合同会社はそれとは違います。
有限責任会社というのは、会社が負債を抱えて倒産した時に、出資した金額以上の責任を負わなくてもいい会社ということです。

・会社設立するなら株式会社とどっちがおすすめ?
合同会社は法人設立にかかるコストが低いため、軍資金が少なく小規模の事業を始めようと考えている人に相応しい会社形態です。
また、合同会社は株式会社のように決算公告義務が無いため、開業後の手続きなどが非常に簡単になっています。
資金調達の際には、社債を発行することもでき、法人の節税メリットも株式会社と同じように享受できるため、非常にやりやすい会社形態になっています。
ただ日本ではあまり、合同会社の形が株式会社と比べてメジャーではないため、会社としての信用度は、株式会社よりも見劣りしてしまうかもしれません。

・合同会社と合資会社の違い
合同会社の他に、合資会社という名前の会社形態もあります。
合資会社とは、無限責任を負う社員と有限責任を負う社員で構成された会社となっています。
合同会社が有限責任の社員で成り立つのに対して、合資会社のオーナーは無限責任社員となり、資本を提供する社員が、有限責任者となって共同で企業を運営します。
こちらの会社形態も合同会社と同じく、あまり見られないタイプです。
今現在の制度は、1円株式会社か有限責任の合同会社のどちらかで設立した方が有利なような気もします。

・資本金調達方法
会社の資本金に充てる資金の調達方法は、一般的には銀行からの融資や親会社からの融資などが考えられますが、最近ではクラウドファンディングという方法が用いられて資金調達が行われているケースがあります。
クラウドファンディングは、やってみたい事業を公開することで、不特定多数の人間がその事業に資金を融通するサービスです。
設定した金額に応募金額が到達することで、融資が開始されます。
銀行融資と比べてフットワークが軽いのが、クラウドファンディングのメリットだといえます。
事業にインパクトがあれば、資金がすぐに集まりますので、チャレンジしてみると良いでしょう。